流通・ITソリューション事業部のブログ
Original

日本随一の文字認識エンジンを使ったシステムを開発

株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:内田 和弘(以下、セゾン情報システムズ))は、お中元・お歳暮などのギフト販売・配送業務をサポートする「STORES-GIFT(ストアーズギフト)」とアイラボ株式会社(本社:東京都小金井市 代表取締役:堀口 昌伸(以下、アイラボ))が開発した手書き文字認識エンジンを活用したお客様情報登録システムの研究開発を行ったことを発表しました。

 

背景・課題

日本には古来より受け継がれた贈答文化があり、時代の流れとともに変化してきているものの、ギフトを贈るというコミュニケーション手段は現代社会に即した形で受け継がれています。お中元やお歳暮などの贈答品を配送するギフトビジネスは今後も市場の成長要因となるものと期待されています。

セゾン情報システムズでは、それらギフトビジネスに不可欠な販売から配送業務までをトータルサポートする「STORES-GIFT」により、セキュアな情報管理やお客様獲得につながるサービスを提供しています。しかしながら、申込情報のシステム入力負荷と入力ミスによる品質リスクを抱えているのが現状です。この問題を解決し更なる付加価値の提供を目指し、このたび、アイラボの「手書き文字認識エンジン」と「STORES-GIFT」をつなぐ自動データ化の研究開発を行いました。

 

システムの概要と導入効果

アイラボの「手書き文字認識エンジン」は、人の書く文字を認識し、タブレットなどにリアルタイムに取り込み、データとして即座に登録される仕組みになっています。

例えば、店頭で贈答品の配送申し込みをする際、タブレット端末上に配送先を手書きした1枚分の配送伝票は約6秒でデータ登録ができます。手書きの場合、記入枠の多いものは1件あたり、約3分かかるため98%の工数削減につながります。

また、アイラボが提供する「手書き文字認識エンジン」は、金融・保険業界の申し込みシステムや教育・学習の業務アプリケーションなど様々な業界で採用されています。記入枠なしで95%、記入枠ありで99%の認識率を達成するなど、高い評価を得ています。この日本随一の精度を誇るアイラボの「手書き文字認識エンジン」により「STORES-GIFT」において高品質な自動データ化を提供いたします。

【アイラボ「手書き文字認識エンジン」技術の特徴】

認識率

99.0%
筆記面に文字記入枠などを設けずにユーザが自由に手書き文字列を筆記する場合には95%、筆記枠を設ける条件では99%の認識率を達成(アイラボ 手書きデータによる)

ハイブリッド方式 (オンライン、オフラインエンジン搭載)
くせ字、続け字に強い <関連特許6件保有>
処理速度 準逐次処理技術による 高速化 実現オンラインタブレットに有効
認識範囲 縦横斜め認識 可能

 

今後の展開について

セゾン情報システムズでは、注文承り時のお客様情報やお届け先情報を登録する業務で活用いただけるよう、第一弾として、既に提供しているサービス「STORES-GIFT」との連携に向けて実証実験に取り組む計画です。

【文字認識機能実装後の「STORES-GIFT」イメージフロー】

人気記事ランキング

タグ

アーカイブ

カテゴリ

この内容で送信します。よろしいですか?