Original

STORESサイト〜新年を迎えるにあたり・2017年の振り返り〜

いつもご覧いただきありがとうございます。STORESサイト担当です。

今回はSTORESサイトの立ち上げからこの年末までの活動を振り返ると共に、オウンドメディアとして掲載してきたコンテンツをランキング形式でご紹介します。

STORESサイトは、大きな枠組みとして

  • 立ち上げ
  • 運用フェーズ
  • 公式Facebookページ
  • メールマガジン

ような取り組みを進めてきました。順番にご説明します。

 

立ち上げ

STORESサイトは、セゾン情報システムズの流通・ITソリューション事業部が担当するオウンドメディアとして産声をあげました。サイトプレオープンが2017年05月18日(木)でした。

いくつかのコンテンツ充実をはかり、セゾン情報システムズのコーポレートサイトにリンクを貼るなど、準備を進め、翌月06月01日(木)にオープンしました。オープン当初はベースとなるソリューションの紹介、導入事例、一部のブログコンテンツという静かな立ち上がりでした。

06月〜07月は初期の立ち上げ期間と位置づけ、どのようにサイトを運用していくのか、その型を決めていくフェーズでした。様々なサイトや他社ご担当者様のご意見を参考に、毎週新着記事を出して行くことを決めていきました。

 

運用フェーズに移行

通常運用を開始した当初は、毎週金曜日に新着記事をリリースするための仕事の流れ掴むことに苦労しました。何度か記事落ちしそうになりながらも、事業部メンバーのサポートをもらい進めていくことができました。

オウンドメディアであるSTORESサイトは事業部メンバーが記事を書くスタイルで運営しています。ライターさんにはお願いしていません。STORESサイト担当が編集長として企画を考え、企画テーマに沿った記事をメンバーに草稿として寄稿してもらい、編集した上で公開しています。自前主義で内製化することでノウハウが蓄積され、主体的な運用が"オウンド"メディアの体を成せると感じるからです。

もちろん、ライターさんを否定するものではありません。プレイヤーとして経験を積むことで、今後ご支援いただく時にも、経験に裏打ちされたコミュニケーションをベースに質の高い協力関係で進めていけると考えています。

 

公式Facebookページ開始

エンタープライズ事業者がSNSの運用をしているケースはあまり多くない中、将来のお客様と繋がるメディアとして「STORES」ブランドを冠したメディアの並行運用に動き出しました。この動きは期初から計画していたアクションでした。システムインテグレーターの社員でSNSをアクティブに利用している方が少ない状況でしたが、幸い他部門でアカウント開設済みであったこと(前例があったこと)は、助けになりました。

目的・趣旨、効果などの説明やFacebookページ運用に関する調査や機能習熟などいくつかの準備を経て、2017年09月26日(火)に立ち上げました。

 

画像をクリックいただくことで公式Facebookページが表示されます

 

STORESサイトのトレーラー(末尾)に公式Facebookページのリンクを設置してありますので、「いいね!」でフォローいただけると幸いです。

 

メールマガジン開始

2017年10月26日(木)『新着コンテンツお届け[STORESサイト]ニュースメール』として第1号の配信をさせていただきました。以降現在まで4本のメールを2ヶ月余りでお届けしています。

週次で公開している新着コンテンツのご紹介と直近の注目記事をお届けするシンプルな内容です。メールマガジンを購読いただくことで、新着コンテンツを抜け漏れなくご確認いただけます。

流通・ITソリューション事業部でご提供してるソリューション「STORES」「Concur」「Tabelau」のセミナーや展示会への出展については特別号としてメールでご案内しております。

ご興味がありましたら、こちらのお問い合わせフォームより「メールマガジン希望」とお知らせください。ご案内をお送りいたします。

 

コンテンツトップ10のご紹介

2017年の振り返り、リアクション数と閲覧数のトップ10をお届けします。タイトルから記事にリンクしておりますので、気になった記事をご一読いただけると幸いです。

 

リアクション数トップ10

ランク テーマ タイトル
1 ブロックチェーン IoTPCでシェアリングエコノミーに適したプラットフォームコンセプト発表
2 エンジニア クラウドで変わる!私たちの働き方(エンジニア編)
3 ブロックチェーン ブロックチェーンとIoTを活用した宅配ボックスの共同実証実験を実施
4 STORES-EDI システム管理者必見!EDIはクラウドを利用すべき3つの理由
5 エンジニア Pepperアプリ開発物語~ママエンジニアが作る読み聞かせアプリ~
6 オフィス 赤坂インターシティAIRの本社オフィスをご紹介します
7 人工知能 今さら聞けないAI!機械学習と深層学習(ディープラーニング)について
8 エンジニア システムに関わるモノとして意識していること(エンジニア編)
9 STORES-EDI ウエルシア薬局株式会社様 STORES-EDI導入事例
10 Tableau(タブロー) セルフサービスBI「Tableau(タブロー)」使いになろう!受験記録

 

閲覧数トップ10

ランク テーマ タイトル
1 ブロックチェーン ブロックチェーンとIoTを活用した宅配ボックスの共同実証実験を実施
2 人工知能 今さら聞けないAI!機械学習と深層学習(ディープラーニング)について
3 Tableau(タブロー) セルフサービスBI「Tableau(タブロー)」使いになろう!受験記録
4 Tableau(タブロー) Tableauに変えれば会社が劇的に変わる?!経営ダッシュボード事例
5 オフィス 赤坂インターシティAIRの本社オフィスをご紹介します
6 エンジニア クラウドで変わる!私たちの働き方(エンジニア編)
7 エンジニア Pepperアプリ開発物語 ~ママエンジニアが作る読み聞かせアプリ~
8 人工知能 AI とロボットを活用したコンシェルジュサービスを研究開発
9 STORES-EDI ウエルシア薬局株式会社様 STORES-EDI導入事例
10 ブロックチェーン ブロックチェーンラボ開設、ブロックチェーン技術への取り組みを強化

 

両ランキングトップが「ブロックチェーン」でした。ブロックチェーンの研究開発をラボを新設し進めており、サイト訪問いただいてる皆さんの関心と取り組みの方向性がリンクしていると感じる結果でした。

 

最後に

2017年も残すところあと僅かです。皆さんにとってどんな1年でしたか? STORESサイト担当としては立ち上げを含めいくつかの新しい取り組みを一歩一歩積み重ねいく1年でした。来たる年も皆さんに興味を持っていただける価値のあるコンテンツ作りに日々取り組んでまいります。

当サイトは、部門社員がコンテンツを作成しており、記事の文末に著者を掲載しております。ライティングが本業でないメンバーが記事を書くモチベーションの1つは、記事に対する「いいね!」リアクションです。今後も引き続きご支援のほどよろしくお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございます。良いお年をお迎えください。

 

<関連記事>追記
新年の取り組み」をまとめておりますので、併せてご覧ください。
 

記事テーマにご希望がございましたら、こちらのお問合せフォームよりお気軽にリクエストをいただければ幸いです。

 

[商標] 会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

STORESサイト担当

STORESサイト担当

STORESサイトの運営担当者、リリースのブログ記事、ニュース、コンテンツの編集、サイト全体の作成を担当。たまに、自分で記事を書くこともある。他職種から転進した駆け出しマーケター。

人気記事ランキング

タグ

アーカイブ

カテゴリ