流通・ITソリューション事業部のブログ
Original

AI とロボットを活用したコンシェルジュサービスを研究開発

株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:内田 和弘(以下、セゾン情報システムズ))は、AI(人工知能)技術とロボット型デバイスを活用したコンシェルジュサービスの実証実験を行い、2017年3月7日から行われたリテールテック JAPAN 2017に参考出展いたしました。

 

背景・課題

購買行動の多様化やスマートフォンの普及などにより、消費者はAmazonや楽天市場などに代表されるECサイトでの商品購入が増加しています。そのため、小売業ではECサイトとの差別化を検討し、お客様に来店いただくために様々なサービスを実施しています。

一方、店舗で働くパート・アルバイトの人材不足が社会問題となっており、本来であれば注力したい接客などのお客様対応業務に充分なリソースが割けなかったり、従業員によって業務品質にばらつきが発生するというような問題が発生しております。

 

サービスの概要と導入効果

コンシェルジュサービスは、来店したお客様が発する声に反応し、「今日のおすすめ商品は何?」のような質問に対して、設置したロボットが適切な回答を返すというコミュニケーションを実現します。

本サービスでは、AI技術基盤として日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:平野拓也(以下、日本マイクロソフト))が提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上の「Cognitive Services」を採用しております。これにより、お客様の声を正しく認識し、お客様に応じた最適な回答を実現することが可能となっております。

本サービスの活用により、店頭でのコミュニケーションが活性化し、来店者の増加やお客様満足度の向上に貢献するものと期待しております。また、前述の人材不足問題に対しても、ロボットによる接客が解決の一助になると考えております。

 

人気記事ランキング

タグ

アーカイブ

カテゴリ

この内容で送信します。よろしいですか?