流通・ITソリューション事業部のブログ
Original

Tableau(タブロー)が目指す「データを見て理解できる」世界とは?

皆さんが経営、日々の業務や店舗の状況など様々なデータを「見える化」をされる時に、どんな考え方(哲学)で「見える化」を進められていますか?

当社セゾン情報システムズが扱う「見える化」のソリューション「Tableau(タブロー)」を題材に、どのような考え方(哲学)で生まれたか、誰が生み出したのかを紐解きながら、お届けできる価値(バリュー)について筆者の経験を元に掘り下げてご紹介します。

 

※本記事では当社セゾン情報システムズが取り扱っているパートナーソリューション「Tableau(タブロー)」を取り上げます。セゾン情報システムズに所属する社員が自らの視点で述べていくものであり、Tableau(タブロー)社の見解ではございません。その前提を踏まえて読み進めていただけますようお願いいたします。

 

なぜこの記事を書くのか?

その理由をお伝えするにあたり、自分と「見える化」の関わりを簡単にご紹介します。

長年、お客様のIT部門の立場で、IT化のご支援をする現場担当をしておりました。その中で「見える化」を進めるプロジェクトに関わり、起案、予算化からエンドユーザ教育とその後の運用を含め経験しました。そのプロジェクトで「エンドユーザーコンピューティング」「セルフサービス」を実現できたことが、この記事を書こうと考えた背景の一つです。

「Tableau(タブロー)」との出会いは数年前です。前述のプロジェクト経験から「Tableau(タブロー)」に関心を持っており、業務で携われる機会があればチャレンジしたいと頭の片隅で考えていました。約1年半前そのチャンスが訪れました。現在はWeb担当ですが、幸運に当時エンジニアだったこともあり、実際のソリューションを使いながら、認定資格の取得にもチャレンジすることができました。

※こちらについては以下の記事で記載しておりますのでご興味あればご覧ください。

セルフサービスBI「Tableau(タブロー)」使いになろう!受験記録

毎日毎日ソリューションを触ることで変化がありました。セルフサービスBI「Tableau(タブロー)」のファンになったのです。皆さんにも触っていると楽しいソリューションがあれば、その感覚がお判りいただけるのではないでしょうか?

Web担当にコンバートしたことで、ファンになったソリューションを多くの方にお伝えできる機会を得ました。本記事を通して「Tableau(タブロー)」を知っていただけると幸いです。

 

誰が生み出したのか?

「Tableau(タブロー)」はスタンフォード大学の研究で繋がった3人の創業メンバーによって生み出されました。大学のコンピュータサイエンス部門で要素技術の研究開発を進めていたChris Stolte(クリス・ストルテ)とPat Hanrahan(パット・ハンラハン)、そしてコンサルティング会社のデータアナリスト出身のChristian Chabot(クリスチャン・シャボー)です。彼らは大学でデータベースやデータキューブ(多次元のデータ集合)の視覚化について技術的な研究をしていました。

長年の研究の成果として、データベース問合せ(照会)言語とグラフィック描画技術を組み合わせた VizQL(Visual Query Language)と呼ばれるデータを視覚化する視覚的問合せ(照会)言語が発明されました。その成果が視覚的かつ直感的にデータと対話するコア技術となり、 セルフサービス型データ分析ツール Tableau Desktop が誕生しました。2005年のことでした。

Pixarの設立メンバーだったPat Hanrahan(パット・ハンラハン)はこう語っています。筆者がVizQLを視覚的問合せ(照会)言語と訳している理由であり、好きな言葉の一つです。

私たちは質問に答える画像を作成しています。そしてそれは自分たちのデータについて知りたいと考えている企業のために行っています。

 

どのような考え方(哲学)で生まれたか?

「Tableau(タブロー)」のシンプルなミッションを引用したいと思います。

お客様がデータを見て理解できるように支援する。

ここにどんな考え方(哲学)が宿っているのでしょうか?

ビジネスの現場では正しい判断を短い時間でタイムリーに行うニーズがあります。そのためには一方で複雑化し増え続けるデータを理解することが欠かせません。前者はよりスピーディーに後者はより難解に、相反して先鋭化する2つの方向を1つに統合する方向が「見える化」ではないでしょうか?

IoTや画像・動画の機械学習によるデータ化で情報ソースが飛躍的に増大している現在、データから洞察を得る手段を手に入れることは、競争力の源になるのはないでしょうか? 手段の一つがこの「Tableau(タブロー)」です。

"「Tableau(タブロー)」はセルフサービス型の分析ツールである。"

これは極めて重要なポイントです。ご紹介にあたり、前項「なぜこの記事を書くのか?」でご紹介した筆者の経験をお話しします。筆者はセルフサービス型「見える化」基盤の教育経験があります。その基盤は、経営レベルのラインメンバから現場の事務職の方までほぼ全てのビジネスパーソンが使いこなせることを前提に設計・教育することがビジネス要件でした。その結果、稼働後1ヶ月あまりでエンドユーザが作成したダッシュボード数は3桁に達していました。この事実が意味することをひと言でお伝えします。

それは言わば "データ分析の民主化" というものでした。

 

その価値(バリュー)ついて考える

民主化の主人公は誰でしょうか? 本記事をご覧いただいているあなたです。

ビジネスの現場にいる全ての方が、ツールを通してデータがから得た気づきを成果を生み出すために活用できる、それが目指す世界です。

前述のプロジェクト当時は、今ほど直感的で視覚的効果の優れたツールはコンピューティングパワーの問題もあり、世の中に存在していませんでした。今は違います。「Tableau(タブロー)」があります。優れたデスクトップユーザーインターフェースでスピーディーでダイレクトな操作、そして人間の認知を科学して導き出された視覚化が実現しています。

再び自分の経験から得た気づきをご紹介して終えたいと思います。筆者が「見える化」基盤をお届けした時にはなかった3桁のダッシュボード、それらを具に見て行きました。その体験は想定を超えていました。基盤には、筆者のようなシステム開発会社の担当者が思いも寄らないような観点で作られたダッシュボードが多数作られていました。従来のシステム開発要件をヒアリングし開発会社が作るスキームではとてもたどり着けない知見がダッシュボード化されていたのです。

"現場のことは現場の担当者が最も知っている" 改めて実感した瞬間でした。

あなたの経験と知見を「見える化」して活かしませんか? より直感的で視覚的、かつ簡単に共有できる、皆さんがデータと"会話"できるようになると見えることがあります。その価値を是非体験してください。

 

最後に

「Tableau(タブロー)」の哲学について掘り下げてきました。最後までお読みいただきありがとうございます。本記事が「Tableau(タブロー)」を少しでも身近に感じていただくきっかけになれば幸いです。

もし本記事を読まれて「Tableau(タブロー)」について直接話しを聞きたいと思っていただけましたら、お気軽にお問い合わせください。「Tableau(タブロー)」を通して、皆さんのデータドリブンな意思決定、データ分析の民主化をご支援させていただくべくエンジニアが腕を磨いてお待ちしております。

 

※タブロー社の公式サイト(以下リンク)を参考に筆者の目線でまとめております。イメージや動画で詳細に紹介させれていますので、是非こちらもご覧ください。

https://www.tableau.com/ja-jp/about

 

使ってみようと思われた場合はセミナ「Tableau ハンズオン D101: 初めて学ぶビジュアル分析」をタブロー社で受講する、もしくは無料体験版で「Tableau(タブロー)」に触れてみてください。セミナではタブロー社のオフィスで実機を使って体験出来ます。

 

<「Tableau(タブロー)」関連記事>

仲間に出会い気づきを得る場〜ユーザーコミュニティ〜に出かけよう! ※Tableauコミュニティを紹介

「見える化」に取り組む前に知っておきたい正しいグラフの知識について

セルフサービスBI「Tableau(タブロー)」使いになろう!受験記録

Tableauに変えれば会社が劇的に変わる?!経営ダッシュボード事例

 

Tableauに関するサービスの全体をご確認されたい方は、こちらのページをご参照お願いします。

Tableauの資料をご覧になりたい方は、こちらの資料ダウンロードフォームよりお願いいたします。

本件の説明をご希望の方は、こちらのお問合せフォームよりお願いいたします。

 

[商標] 会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

STORESサイト担当

STORESサイト担当

STORESサイトの運営担当者、リリースのブログ記事、ニュース、コンテンツの編集、サイト全体の作成を担当。たまに、自分で記事を書くこともある。他職種から転進した駆け出しマーケター。

人気記事ランキング

タグ

アーカイブ

カテゴリ

この内容で送信します。よろしいですか?