流通・ITソリューション事業部のブログ
Original

「DataSpider Tegakiアダプタ」手書き文字認識で業務自動化

株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:内田 和弘、以下、セゾン情報システムズ)は、データ連携プラットフォーム「DataSpider Servista」と、株式会社Cogent Labs(本社:東京都渋谷区、代表取締役:飯沼 純、エリック ホワイトウェイ、以下、コージェントラボ)が提供する、手書き帳票に書かれた文字を AI(人工知能)により高精度にテキストデータ化するサービス「Tegaki」との接続検証および専用接続アダプタ「Tegaki アダプタ」の開発を行いました。
併せて、両製品および専用接続アダプタによる業務自動化の導入効果について検証を行い、「アンケート読込・集計自動化」「入金消込業務」などで、高い業務改善効果が期待できることを確認しました。「Tegaki アダプタ」は製品としての正式提供を予定しています。正式提供に先立ち、先行検証版アダプタの無償提供を実施します。


「Tegaki」とは

「Tegaki」は、AI により業界最高水準の高精度な手書き文字のテキストデータ化を実現するサービスで、ディープラーニングにより従来より高い手書き文字の認識率を達成した研究結果を元に開発されています。記入枠や罫線がある帳票など、これまで読み取りが難しかった手書き文字においても高精度な読み取りを実現しており、受付業務の申し込み書類、受発注の帳票、作業の検査表、日報や報告書など、様々な業務で発生する手書き帳票のテキストデータ化での活用が期待されています。
​​​​​​​



[設定した読み取りテンプレートにしたがって手書き帳票を読み込み、デジタルデータ化]


データ連携ソフトウェア「DataSpider」との接続検証と専用接続アダプタの開発

「DataSpider」は多種多様なデータやシステムとの連携処理を実現できるデータ連携ソフトウェアです。例えば社内の基幹システムのデータをクラウドサービスで参照して活用したい場合など、システムやデータを「つなぐ」ニーズを高い開発生産性で実現します。GUI 上でプログラミングをすることなく本格的な連携処理を開発できるため、現場主導で柔軟かつ迅速に、業務に必要な IT システムを実現します。
今回、「DataSpider」と「Tegaki」との接続検証を行い、専用接続アダプタ「Tegaki アダプタ」の開発を行いました。専用接続アダプタにより、GUI 上でアイコンを配置しプロパティを設定するだけで「Tegaki」と外部のシステムやデータを連携させた処理の開発が可能になります。


実務での導入テストを実施し業務効率化の高い効果を確認、および今後の取り組みについて

手書き帳票からのテキストデータ読み取りだけでなく、外部クラウドサービスや RPA 各社製品など外部サービスとの連携、処理結果の記録や通知など、総合的な業務自動化が GUI のみで実現しました。さらには、手書き帳票の書式変更や新規帳票への対応など、業務変更や新たなニーズに対しても、現場主導で柔軟かつ迅速に対応可能となることを確認しました。
後者につきましては、RPA を他のシステムと連携する「つながる RPA」をお客様にわかりやすくお伝えすることが直近の課題となります。また RPA のさらなる可能性を模索するため、協業も視野に入れたオペレーションも検討してまいります。



[手書き帳票を読み込み、外部システムへの反映まで含めた業務全体の自動化を、GUI のみで簡単実現]

引き続き、「Tegaki」による高精度な手書き帳票の読み取りと、「DataSpider」による「つなぐ」技術を組み合わせ、業務の効率化の実現についてさらなる研究と検討を進めるとともに、手書き帳票に関する業務の効率化を実現する製品やソリューションの提供を進める予定です。


専用接続アダプタ「Tegaki アダプタ」の Labs 版(先行検証版)を無償で提供します

今回開発した専用接続アダプタ「Tegaki アダプタ」は、近日中に製品としての正式提供を予定しております(リリース時期および価格は未定です)。また、正式提供に先立ち、専用接続アダプタの機能を実際に利用して検証できる先行検証版「Tegaki アダプタ Labs 版」を無償で提供いたします。



株式会社 Cogent Labs 様からのエンドースメント

人工知能の活用がより身近な社会を実現すべく、”Tegaki“ が皆様のエコシステムに浸透して行くことに大きな期待を感じています。API を介して多くのお客様のビジネスシーンで”Tegaki“をご利用頂けることを目指します。

株式会社 Cogent Labs 代表取締役 飯沼 純



※本件に関わる説明を希望される方は、こちらからお問い合わせをお願いいたします。



<RPA連携関連記事>

RPAの取り組みを強化~RPA Innovation Initiative 開設~


[商標] 会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。


人気記事ランキング

タグ

アーカイブ

カテゴリ

この内容で送信します。よろしいですか?