Original

ブロックチェーン技術を活用した宅配ロッカーがドン・キホーテ既存店舗で試験運用開始

株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:内田 和弘 以下「セゾン情報システムズ」)は、ブロックチェーン技術を活用した宅配ロッカーサービスを開発し、株式会社ドンキホーテホールディングス(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:大原 孝治 以下「ドンキホーテホールディングス」)が運営するMEGAドン・キホーテ ラパーク成東店(千葉県山武市)において 7 月 9 日から試験運用が開始されたことを発表いたします。


サービス検討の背景

セゾン情報システムズでは、物流業界等で課題となっているネット通販の拡大に伴う、国内の荷物取扱量急増と再配達増加に対する有効な解決策として、ブロックチェーン技術を活用したサービスを研究しております。

今年度より、グローリー株式会社様(本社:兵庫県姫路市、代表取締役社長:尾上 広和 以下「グローリー」)の宅配ロッカーと連携し、ブロックチェーンを活用した宅配ロッカーサービスを開発、その技術的・運用的な検証を進めてまいりました。


試験運用について

ドンキホーテホールディングスの運営する店舗に宅配ロッカーを設置し、配達される品物を好きな時に店舗で受け取れるというサービスが試験運用されます。

ドンキホーテホールディングスでは、この宅配ロッカーを含む「フリースペース」を提供する新サービスにより、社会問題への対応とお客様個人の有効な時間消費のサポートを目指します。


今後の取り組みについて

セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術がトレーサビリティや決済管理、そして他店舗・他業種をつなぐデータ連携や、その他サービスとの連携に活用できると考えており、今後も研究を進めてまいります。

宅配ロッカー事業においては、あらゆるサービス業への展開など利用シーンの拡大を期待しており、今後さらに機能強化を推進してまいります。 


<本サービス関連記事>

ブロックチェーンとIoTを活用した宅配ボックスの共同実証実験を実施

ブロックチェーンとのデータ連携を容易に実現可能なミドルウェアを開発​​​​​​​

IoTPCでシェアリングエコノミーに適したプラットフォームコンセプト発表

「データ連携」サービスのご紹介

カエルパルコ×商品受取ロッカーによる新しい購買スタイルを体験!


[商標] 会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。


本件のお問い合わせは、こちらからお願いいたします。


人気記事ランキング

タグ

アーカイブ

カテゴリ